Like a Mt.Fuji

Like a Mt.Fuji

富士山の麓、御殿場から旅行や登山や趣味のことを発信していきます!少しでも伝わるといいな。

Like a Mt.Fuji

富士山の麓、御殿場から
旅行や登山や趣味のことを発信していきます!
少しでも伝わるといいな。

最後の楽園と呼ばれているタヒチ・ボラボラ島へ 〜ハネムーン3日目!〜

さてさて、タヒチ3日目は今回の最大のアクティビティでーす!
 

セミプライベートモツピクニックツアー

船でエイやサメに会いに行ったり、海に潜ってシュノーケルを楽しんだり、
モツと言われる小島で食事してココナッツを食べたりなどなど、
内容盛りだくさんのアクティビティツアーに参加しました!!
 
22000xpfと少し高めですが、セミプライベートということで、
少人数尚且つホテルの桟橋までお迎えに来てくれます。

f:id:mikonekogorira:20170730220207j:plain

 
基本的にアクティビティに参加する場合事前に旅行会社からバウチャーというものが渡されていて、該当するアクティビティの担当の人に渡して参加OK!ってなるので、ほとんどトラブルなくアクティビティに参加できましたよー!!
 

f:id:mikonekogorira:20170730220326j:plain

すでにインターコンチネンタルホテルから乗ってきたカップル2人が乗っていました。
メキシコから来たという美男美女カップル!
まじで映画の世界だわ〜なんて思いつつ、パナマホテルにツアーの方を迎えに行ってイギリス?の方々2名と、中国の方々2名の合計8人でツアーに出発。

f:id:mikonekogorira:20170730220405j:plain

 
もちろんガイドさんは英語です。
わかりやすく説明してくれてるとはいえ全部意味が聞き取れないのが辛い・・・。
それに、他の参加者の方々とコミュニケーションも取れないのも辛い・・・。
 
確かに、英語が話せなくてもなんとかなりますが、話せないに越したことはないと改めて今回の旅で実感です。いろいろ注意事項などを説明しながら最初はエイがいるポイントまで行きます!
 
 
ガイドは、ラモンさん。彼女は5年間いない。
エイは俺のガールフレンドだとしきりに言ってました(笑)
f:id:mikonekogorira:20170730231759j:image
エイとハグ・熱いキスを交わしている写真ですww
ラモンにカモンと言われ、お前もキスしてみろ!と(笑)
f:id:mikonekogorira:20170730231855j:image
エイとのキスの感想は、つるつるしていて、尻尾はざらざら。
エイって刺されるから触ってはいけないと思ってましたがそうじゃないのかな(笑)
 
f:id:mikonekogorira:20170730231930j:image
とにかく海がきれいです。
 
f:id:mikonekogorira:20170730232009j:image
あたりを見渡すと、サメが!!!餌を撒くとすごい寄ってくるんです。
 
f:id:mikonekogorira:20170730232039j:image
透明で水色っぽく見える海ももちろん綺麗ですが少し深いところの透き通る青さもいいですよね。
 
ああ、綺麗な海!
 
f:id:mikonekogorira:20170730232201j:image
潜ってみるとこんな感じです。
今度は深かったのでフィンをつけてのシュノーケル!
日本からシュノーケルを1セット買って行ったのですが、本当にあってよかった・・・

 

アライゴム(ARAI) ミクスQ クリアーブルー AS-366 クリアーブルー

アライゴム(ARAI) ミクスQ クリアーブルー AS-366 クリアーブルー

 

 しかも、このシュノーケルめっちゃ優秀なんです。

上から海水が全然入ってこないから潜っちゃっても安心なんです!

実は、シュノーケリング初めてだったんですけど、上手に使えた気がします♪

 
もう1セットはラモンが貸してくれました。ありがとー。
 
この先使用するかわからないけど、もしものために今回購入したのはとっておきますw
 
f:id:mikonekogorira:20170730232457j:image
こんな感じで魚がたくさんいますよ〜。
 
潮の流れが早いところだったので気づくと中国の男性の方がやや沖へ流れていました!!
ですが、ラモンとメキシコのイケメンが助けに行き、無事救出(笑)
 
外人さんは日本人に比べて自由だよね。
なんか、こうしなきゃいけないって日本人て勝手に決めつけてる気がするけど、本当はそんなことなくって自由なんだなって改めて思わされたなー。
 
 

モツという小さい島へ到着

お昼ご飯は、モツへ行きタヒチ料理をごちそうになります。
 
f:id:mikonekogorira:20170730232554j:image
チャーハンみたいなのは甘いし、バナナを使ったおかずがあるし、ココナッツミルクにはいったお刺身みたいなのもあるし、異国の料理は、口に合わない・・・おかずなのに甘いというかお菓子的要素があるのが多いよね・・・。バイキング形式で好きなだけ食べることができます♪
f:id:mikonekogorira:20170730232657j:image
そんな隣でノリノリな音楽を奏でてくれています。
 
 
 

f:id:mikonekogorira:20170730230337j:plain

そんなこんなで食べ終わり、しばし自由時間。
 
 

f:id:mikonekogorira:20170730230418j:plain

そのあとは、ヤシの葉っぱで作るお皿の作り方やヤシの実の皮の剥き方、ココナッツミルクの作り方(野生的だけどw)ココナッツって硬いし味もしないんだよね・・・私は苦手だなぁ。
 
 f:id:mikonekogorira:20170730232738j:image
南国には住めそうにないことがわかりました笑。
 
ウクレレと太鼓の演奏を聴いてピクニックツアーは終了です。
 
紫外線は日本の4倍。ラッシュガード絶対に必要です。ラッシュガードを着ていたにもかかわらずやんわり日焼けしてましたw
 
そのままレセプションへ夕食の予約とボラボラ島最後の夜だったので次の日の出船の時間を確認に行きました。
 
この日の夕食も、フレンチレストランにしました。アラカルトでの注文ということで、メニューの下にお一人様3品(前菜・メイン・デザート)をお選びくださいと表記がありました。もしかしたら、初日も表記あったのかなぁ(・∀・)
この日は、慎重にメニューとにらめっこをして(またメニューの写真撮り忘れましたw)
 

f:id:mikonekogorira:20170730230505j:plain

トマトとモッツァレラのカプレーゼ
 

f:id:mikonekogorira:20170730230532j:plain

チーズのリゾット
 

f:id:mikonekogorira:20170730230557j:plain

鴨肉の料理
 

f:id:mikonekogorira:20170730230644j:plain

デザートを選びました。デザートも含め1人3品づつでしたが、さすがに量が多いので鴨肉の料理は「ONE FOR SHAR?」と聞かれたので「YES」と答えました(笑)
 
これからタヒチに行く方はこの言葉を必ず覚えておいた方がよさそうです。
スタッフの方も、日本人が外国の方に比べて小食なのも理解しているので、快くOKしてくれるかと思います!
 
最終日の夕食、すごくおいしいご飯が食べれて本当に良かったです(笑)
 
食後はビーチを散歩してお部屋に戻りました。

f:id:mikonekogorira:20170730230954j:plain