Like a Mt.Fuji

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Like a Mt.Fuji

富士山の麓、御殿場から旅行や登山や趣味のことを発信していきます!少しでも伝わるといいな。

Like a Mt.Fuji

富士山の麓、御殿場から
旅行や登山や趣味のことを発信していきます!
少しでも伝わるといいな。

うなぎパイ大好きな人にオススメのうなぎパイ工場見学♪

うなぎパイの工場見学へ行って参りました~!

f:id:mikonekogorira:20160914064523j:plain

どーーーーん!!春花堂さん!!

 

静岡県の代表するお土産ですよね!

 

いつか行ってみたいと思っていましたが、浜松って、、、

静岡県に東部に住んでる人からしたら他県より遠い・・・。

神奈川や山梨より遠い・・・。

 

ですが、いってきちゃいましよぉぉぉおおお!!!

 

 

うなぎパイ工場見学の予約

www.unagipai-factory.jp

 

ホームページからので予約ではなく、電話予約になります。

お電話で、問合せをしてみてください♪

私はファクトリーツアーをお申し込みをしました(^^)

 

ファクトリーツアーは、

うなぎパイの製造工程(仕込・仕上、焼き上げ、検品・包装・箱詰め)を、 コンシェルジュが分かりやすく説明しながら工場を案内してくれます。

もう一つ、

スマイルツアーというものがあり、

こちらは、 愉快なコンシェルジュが探検に扮してうなぎパイファクトリーの謎を解き明かしながら、 うなぎパイができるまでを説明してくれるそうです。

スマイルツアーの方が、お子様向けかな?

 

もちろん、ツアーの申し込みをしなくても、自由見学もできます~~!

年間65万人もの人が見学に来るそうです!!!

 

 

工場見学スタート!!

f:id:mikonekogorira:20160914064502j:plain

受付を済ませると、お土産を最初に頂けます!

ナッツとはちみつ入りのうなぎパイ

 

ところで、

うなぎパイって何種類あるか知ってますか?

私は、普通のうなぎパイと少し高いブランデー入りのうなぎパイ

ナッツ入りのうなぎパイの 3種類だと思っていましたが、

実は、もう一つ、はちみつとナッツいりのものがあり、

4種類うなぎパイがあるんですよ!!

 

スターンダードタイプが昭和36年生まれ

ナッツ入りが昭和45年生まれ

ナッツはちみつ入りが平成5年生まれ

ブランデーを使用したVSOPも平成5年生まれ

だそうです!!!!

 

その時点で、へぇ~~~~って感じでした。笑

 

 

まず、お姉さんが、うなぎパイが出来るまでの工程を説明してくれます。

f:id:mikonekogorira:20160914070423j:plain

 ちなみに、この棒は、生地を伸ばすときの棒だそうで、

実際に使っていた物をこちらに飾ってるそうです。

 

f:id:mikonekogorira:20160914070458j:plain

生地作りは、企業秘密なので、絵での紹介です。

 

f:id:mikonekogorira:20160914070558j:plain

仕上げの工程。

 

f:id:mikonekogorira:20160914070620j:plain

うなぎパイように特別に作っているグラニュー糖を均等にふりかけているそうです。

熟年の職人さんならではですね。

 

9000層もあるそうです!

 

 

そして、説明後、実際を焼き上げの部分。 ※写真が見にくいです。ご了承ください。 

f:id:mikonekogorira:20160915014758j:plain

 見えますか? まだ、パイが細いです。

 

f:id:mikonekogorira:20160915014842j:plain

すこーしですが、ふっくらしてきました。

 

f:id:mikonekogorira:20160915014915j:plain

そして、やっと見たことのあるような大きさに焼き上がってきました。

長さ12メートルの窯を通って、10分かけて焼きあがります。

 

f:id:mikonekogorira:20160915014947j:plain

そして、この特殊な液体(甘いタレ)を塗ります。

なんと、この液体のレシピを知っているのは

社内でも5人しかいないそうです。。。

 

 

そして、隠し味は、、、、

にんにくが入っているそうです♪

 

そして、最後に品質チェックしております。

f:id:mikonekogorira:20160915015040j:plain

 規格外だったり、折れてしまっていたりするのは人の目によってはじかれます。

 

はじかれてしまったのは、お土産屋さんでお得パックという形で売ってましたよ!

わたしは、ブランデーのうなぎパイが気になったので、購入しました♪

 

自分用に買うのはちょうどいいですよ。

 

 

 

2階から工場内を見学

f:id:mikonekogorira:20160915015147j:plain

階へ上がる階段のところの手すりがうなぎです(笑)

 

 

 

工場内を見ながらお姉さんが説明をしてくれます。

 

f:id:mikonekogorira:20160915015538j:plain

先ほどの、品質チェックをしてOKだったものが

個包装され、X線異物検出器の下を通り、

人が、包装不良がないかのチェックを行います。

 

f:id:mikonekogorira:20160915015701j:plain

少し上下に動きながら、枚数を数え束ねて、

脱酸素剤とともに、大きな袋へとまとめられます。

 

 

f:id:mikonekogorira:20160915015728j:plain

 

自動箱付機です。(白い機械)

吸い上げる力を利用し、箱の蓋を押し上げた後に、商品を吸い入れ

しおりを一枚乗せてから蓋をします。

そこまで、機械化されているんだ!!!と驚きです。

 

 

 

f:id:mikonekogorira:20160915020537j:plain

 

こちらでは、赤い箱が3秒ほどで、うなぎパイの包装の柄に変わります。

一瞬の出来事!!!笑

 

 

f:id:mikonekogorira:20160915020805j:plain

 

包装されたものを、自動に箱詰めされ、

自動的に2階まであがり、出荷されまーす!

 

全部自動化されてますね!!!!

 

 

f:id:mikonekogorira:20160915020938j:plain

 

 一通り説明が終わると、シアタールームへ行き、

実際には見る事の出来ない、生地づくりのビデオを見せてもらいます。

 

ファクトリーツアーだと、シアタールームを貸切状態で見る事が出来ますので、

待つこともなく入れますよ♪

 

私たちが見終わったあとに、

シアタールームに入ってくる人がたくさんいましたよぉ〜

 

 

 

 

シアタールームからでると、

f:id:mikonekogorira:20160915021147j:plain

洞窟の中みたいなところを通ってツアー終了です。

この、でっかいうなぎパイと記念撮影をしましょうね。

 

うなぎパイ2万本分らしいですよ!!驚

 

 

うなぎパイカフェ

おしゃれなうなぎパイカフェもあるよ!

席も沢山あるので大丈夫です。

ここでしか、食べられないメニューもあるので是非♪

 

f:id:mikonekogorira:20160915021216j:plain

 

 

お土産コーナー

f:id:mikonekogorira:20160915021232j:plain

 

V.S.O.Pです。 

f:id:mikonekogorira:20160915021517j:plain

 普通のうなぎパイに比べて高価です・・。

1.5倍くらい?の値段するかな??

 

ほかにも、クッキーとうなぎパイの詰め合わせや、

しらすパイなどいろいろありましたよ♪

 

うなぎパイがもっともっと大好きになりました♪

浜松に行く際には、ぜひ寄ってみてください(^^)